砂時計
水
ミネラルウォーター

消費期限と賞味期限の定義や違いとは?水にはある?

消費期限や賞味期限は、食品などのある期間の限界を定義したものです。どちらの表示も安全に安心して消費してもらうために製造業者などが責任を持って行なっています。それぞれの定義は食品の特性によって異なります。

加工食品を購入する時によく見るのが期限を表示する日付です。

この日付には大きく分けて2つの種類があります。それが消費期限と賞味期限です。食品は時間が経つと劣化し、味が落ちたり、人の健康を害する恐れが高くなります。

野菜や肉などの素材の場合であれば、見た目や臭いなどで確認することができますが、加工されたものは分かりにくかったり、缶や袋に入っているものは見ることができません。

そのために、美味しく食べることのできる期間として賞味期限、期限を過ぎたら食べない方が良い消費期限の2通りの表示をするようになりました。

この表示によって、危ないものは食べなかったり、古いものは販売しないなどの対応ができるようになります。

消費期限と賞味期限の定義と違い

賞味期限が記載された卵

加工食品に表示されている消費期限と賞味期限は定義が異なります。

消費期限は、安心して食べられる期間の限界を示しているものです。

賞味期限は、美味しく食べられる期間の限界のことを言います。

このようにそれぞれの日時は、伝えたい内容が違います。 そのため消費期限は、比較的長く保存しないようなお弁当やお惣菜、調理したパンなどに用いられる表示です。

最近では、日付だけでなく時間まで表示され、その時間を守るために大量の食品が捨てられることになる食品ロスが問題となっています。

一方、賞味期限は味に関する品質の劣化について定義した日時です。

そのため、期限を過ぎても食べられないわけではありません。 特に保存期間が長いスナック菓子や即席麺、缶詰やレトルト食品などに適用されます。

これらの表示は、適切な保存をした場合において有効で、間違った方法で保存されたものは保証されません。温度条件や日光、密閉性など決められた環境の下で管理されることでその品質が維持されます。

法令では、表示の対象が決まっていて、大きく分けて義務表示と省略可能な表示の2つに分か流ことが可能です。

表示が義務付けられているのは、一般の消費者に対して直接販売されるもので加工食品や柑橘系類、バナナ、食品添加物になります。

具体的には干した魚や乾燥した野菜、果実や魚介類、海藻、食肉や生牡蠣などです。

表示の省略が可能な食品としては、一般消費者に直接販売されることがない、業者間で取引されるような加工食品や食品添加物です。

該当するのは品質の劣化が極めて少ない加工食品です。

具体的にはアイスクリームやチューインガム、食塩やうま味調味料、飲料水や清涼飲料、氷、酒精飲料になります。

また、生鮮食品のうち柑橘類やバナナは省略が可能です。

そのほか、その場で調理して販売するような直接販売の場合でも省略ができます。

これらの表示は、国内で製造している場合は製造業者、輸入している場合は輸入業者が責任を持って行なっています。

そのため、食品の特性や品質の変化の要因、原材料の衛生状況、製造加工状態の管理方法、容器包装の形態、保存状態などさまざまな要因を考慮して決定します。

その確認のために微生物試験や理化試験、官能試験などを行なって、しっかりとした根拠を持って判断します。

これらの試験は法令で規定されたものではなく、食品の特性によって判断することです。

業界団体では、ガイドラインを設定している場合もあり、ある程度統一された表示がなされている業界もあります。

これらの表示は、適正かどうか判断することが難しいため、基本的に製造者任せになっているのが実情です。

ただし、表示を怠った場合には、法令によって責任を問われることがあります。

一部では製造業者に代わって販売業者が表示することもあり、その場合は販売業者にも責任が及ぶことになります。

美味しく食べることができる期限の定義

美味しくサラダを食べる女性

食品には味があり、おいしいと感じるためには条件があります。

素材の良さや味付けはもちろん重要ですがそのほかにも味に影響するのが、鮮度です。

食べ物は古くなれば味が落ちてしまいます。

スナック菓子や即席麺、缶詰、レトルト食品など保存期間が長い食品については、見ただけではその変化を判別することができません。

そのため、製造先でその期間を表示したのが賞味期限です。

基本的には、製造した日から3ヶ月以上美味しく食べられるものは年月または年月日で表示して、3ヶ月以内のものは年月日で表示します。

この表示は食品に関連する法令である食品衛生法やJAS法で「その食品を開封せず正しく保存した場合に味と品質が充分に保てると製造業者が認める期間」として定められています。

調味料やアイスクリーム、氷類、チューインガムなど特に保管期間が長いものについては表示の重要性がないので省略することができます。

元々は製造日を表示することで消費者側が判断するような仕組みでしたが、発酵食品など製造した日がわからないものがあることや、賞味期限が記載されていた輸入品に製造日を表示することが難しいこと、少しでも期間を延ばすために日付が変わる深夜に製造をするような操業が行われていたことなどから、1995年に賞味期限に移行することが決定されました。

今でも製造日を記載している業者もいますが、その場合は併記が基本となります。

一部の消費者は、消費期限との違いが明確でないため消費期限が過ぎたものを廃棄してしまうことがあり、食品ロスをなくすためにもしっかりと理解してもらう必要があります。

これらの期限は製造している企業に任せられますが、あまりばらつきが大きくならないように設定方法について統一するためのガイドラインが方針として掲げられています。

食品以外でも、賞味期限が設定されているものがあります。それがタバコで、表示されている期間をすぎると未開封の場合でも味や香りが変質して劣化すると言われています。吸引した時の味を楽しむものであることから、食品ではないけれども表示されるようになりました。

製造している企業としては、消費者においしく味わってもらうことを望んでいるため、期限内に消費してもらうことを望んでいます。

そして、流通の関係からあまり短い期間を設定するわけにはいきません。

そのため、少しでも長く品質が保てるように製造方法や保存方法の改善を行なっています。

酸化することがないように真空パックやレトルト、缶詰などの容器の改良によってかなり長い期間保存がきくようになりました。

それでも容器内で分離するなどの劣化は発生します。

消費者は、購入したらなるべく期限内に食べるように心がけて、どうしても期限をすぎてしまうような場合には、廃棄するのではなくすぐに消費するようにしましょう。

安心して食べることのできる期間の限界

消費期限について説明している女性

傷みやすい食品に適用される消費期限は、賞味期限と異なり、安心して食べることのできる期間の限界を示しています。

つまり、その日時を超えて食べることはできません。

この期限は、食品衛生法や農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律、いわゆるJAS法によって規定されています。

製造した日を起算日として、概ね5日以内に品質面で著しい劣化が見られるような食品が対象です。

例えば、お弁当やお惣菜、パンや生菓子、精肉やお刺身などが該当します。

特に期限が短いものについては、日付だけではなく、時間までも表示するようになりました。

消費期限の場合、設定された日時を超えてから食べてしまうと健康を害する恐れがあり、注意が必要です。

それは、食品の中で病原菌が繁殖する恐れを懸念したもので、その日時を超えた瞬間に劣化して食べられなくわけではありません。

ただし、安全の保証はないので、期限内に消費することを確実にしましょう。

期限内でも、保存環境を適切に守らないと安全が保証されないこともあります。

特に開封してしまった場合、酸素に触れることから雑菌が繁殖しやすい状況になります。

開封後は期限に関わらず早めに消費するように心がけましょう。

消費期限は、味に関する期限ではないので食品以外の分野でも使われます。

例えば電池やカイロ、写真のフィルムなどです。

これらのものは、期限を過ぎることによって本来の性能を発揮できない恐れがあります。

医薬品や消火器、インクなど期間が立つことで期待する性能を発揮できなくなるものも同じように消費期限が表示されることがあります。

いずれの表示も安全性が保証される限界であることから、超えた場合には食べたり、使ったりしないように注意が必要です。

消費期限の表示方法も規定があり、わかりにくい表示がないように規制されています。

例えば、製造日を起算日として、そこから何日間と言った期間表示は認められていません。必ず限界の日を表示をする必要があります。

また、消費期限と違って、年月のみの表示も許されていません。

日付までしっかりと記載する必要があります。

これは消費期間が賞味期限と比べて短いことが理由です。

また、輸入品などは数字ではなく英文記載で月が記載されている場合もあり、日本人にはわかりにくい場合もあります。

そのような時は輸入業者が、邦文の明確な記載に変えて表示しなければいけません。

また、賞味期限との混同を避けるために、「期限を過ぎたら食べないようにしてください」や「期限までに食べきってください」などの表示を併記することが可能です。

表示の目的が安全に安心して食べてもらうことであることから、このような表示をすることは適切である言われています。

消費期限を過ぎたものを、まだ大丈夫そうだからと言って、再設定して販売することは慎むべき行為と考えられています。

水に対して適用される消費期限と賞味期限

水

普段生活に使う水にはいろいろな種類があります。

水道水やミネラルウォーター、天然水やRO水、ウォーターサーバーなどが思い浮かびます。水道水は、自治体が水源地から得たものを浄水して水道管を通じて供給しています。安全に利用できるように消毒のためにカルキが含まれています。

ミネラルウォーターは地下水を原水として容器に入れて販売している飲料水のことです。

天然水は水質が綺麗な水源から採取した水を加熱殺菌してから不純物を取りのぞいたものです。

RO水は、RO膜、日本語では逆浸透膜と呼ばれるフィルターを通して不純物を除去した水で、限りなく純粋に近いと言われています。

ウォーターサーバーは天然水やRO水をタンクに詰めて供給したもので、水道水のように気軽に使うことができる提供方法です。

これらの水についても消費期限と賞味期限が必要なものがあります。

例えば、ミネラルウォーターは飲料水に該当するため賞味期限の記載が必要です。

この期間は開封しなければ美味しく飲むことができる期間の限界です。そのため、期限を過ぎても沸騰させることで使うことはできます。

そのほか、飲料としてではなく、掃除や植物への水やりなどに利用することが可能です。最近販売されているものでは、2リットルなどの大きめのペットボトルでは2年、500mlのものでは1年程度が一般的です。

災害対策の備蓄用のものでは5年間ぐらいの長期間のものもあります。

ただし、開封してしまうと酸素に触れたり、直接口が触れるような状態になるため1日以内に消費することが望ましいとされています。もし残ってしまったら一度沸騰させて温かい飲み物に利用しましょう。

ウォーターサーバーにも賞味期限があります。

各メーカーによって設定が違いますが、未開封の場合で半年、長いものでは2年と長期間のものもあります。

これは容器の作りや封入する際の製造工程の違いから差が生じています。

天然水やRO水などの中身による違いはありません。ただし、温度変化の激しいところや直射日光が当たるような場所は避けて保管するようにしましょう。

ウォーターサーバーの場合、ペットボトルと違って直接空気や口に触れることがありません。

使いたいときに使いたい量だけ注ぐことができるので衛生的です。

それでも、開封後、つまりサーバーにセットしてからは早めに消費した方がいいでしょう。

開封後の消費期限についても各社設定が異なりますが、概ね2週間が一般的です。月に2つのタンクを消費するぐらいの間隔が妥当と言えます。

中には供給方法を工夫して、開封後でも1ヶ月や3ヶ月大丈夫なものもあります。

使用環境で消費に長い時間かかるような場合には、設定の長いものを選ぶと安心です。

また、ウォーターサーバーから他の容器に移して、長期間保管するような使い方も避けた方がいいでしょう。

本当におすすめできる水道直結型ウォーターサーバーを徹底比較!

ここでは、おすすめの水道直結型ウォーターサーバーをご紹介します!

初期費用月額費用電気代メンテナンス
1位 Qool Qoo4,200円(税別)※プランによる4,200円(税別)※プランによる水925円(税抜き)~月800円程度年1回※無料
2位 ピュアウェーブ無料4,200円(税別)※水12L月1,000円程度無料
3位 楽水無料※プランによるサーバー572円(税抜き)~4,250円(税別)月1,000円程度無料

1位:Cool Qoo(クールクー)

Coolqoo

水道直結型の「Cool Coo(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。 定額のサーバー代だけで、しっかりと「ろ過」された水を自由に飲むことが出来ます。 年に一度のプロによるメンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。 特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。 美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーン などもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

口コミ

ピュアウォーターに水素水がはいった「ROろ過水素水コース」を利用していますが、日々雑誌でも目 にする憧れの水素水、これが、水道代だけで飲み放題だなんて、信じられません。

これまでいろいろと美容にお金をかけてきましたが、この圧倒的コストパフォーマンスからは、もう抜けだせません!ウォーターサーバーよりも安くて、びっくりだらけです!

2位:ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

ピュアウェーブは、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。 水道に分岐具を取り付けて、そこから給水するため、難しい工事の必要が無いのが特徴となっています。 フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。 ROフィルターでろ過された、安心して飲めるお水を定額で利用できます。

3位:楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。 さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討出来ます。 「お手軽プラン」では、サーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、 「工事費無料プラン」では、サーバー代4,250円で初回工事費無料となっています。 買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。